読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

60歳未満の方?ポール・ベルモンドを予約なしで即日発送ならココ |

事実に基づいた話だそうです。それまでパトリシアの傍に居たいし彼女を連れ回して逃げても居たい。次々と他人の車を盗んでは自分の車であるかのように乗り回し!追跡してきた警官を車中にあった拳銃で射殺して逃げる。

4月1日 オススメ商品!

2017年04月01日 ランキング上位商品↑

ポール・ベルモンド勝手にしやがれ [ ジャン=ポール・ベルモンド ]

詳しくはこちら b y 楽 天

1959年当時のパリの街並み、車の形、人物の服装などを観て楽しめます。主演のジャン=ポール・ベルモンドさんは当時26歳。尚!ジーン・セバーグさんの台詞はフランス語です。そう思うと興味深いです。「悲しみよこんにちは」から2年後の作品ですが!まだショートカットの初々しさがどことなく残る彼女。■1959年製作の仏映画「勝手にしやがれ」のDVD■公開はフランス!日本とも1960年だそうです。学業もアルバイトも大切にする彼女だから!完全にミシェルの言いなりになって行動を共にしている訳でもない。白黒映画で、撮影機材も簡素な物らしく、ハリウッドの大作映画と比べると随分質素な雰囲気で、背景に流れているミュージックも、何もかもがアマチュア映画のように見えてしまう。映像特典としてメイキングならぬ製作の足跡を追跡するようなインタビュー混じりのドキュメント映像が有りますが、これが結構長編です。演じる役ミシェル・ポワカールというのがこれまたどうしようもない程の遊び人!女好き!ぐうたら!まさにジゴロという印象。注文番号:。ミシェルには大金が入る当てが有るようで、パトリシアと何処かへ高飛びしようと思っているらしい(?)。それでもいけしゃあしゃあと次々とガールフレンドの所を回っては金を抜いていく。アメリカ娘がフランスのパリで大学へ行きながらも新聞売りのアルバイトをしている!という設定のようですが。製作開始当時、彼女は20歳。しかし彼女には新聞売りだけではなく!記者のアルバイトも有るようだ(?)。しかしこの作品がヌーベルバーグの記念碑的作品となったというから面白いです。そして新聞にミシェルの記事を見つける・・・・・・。女優のジーン・セバーグに惹かれて!出演作品を探して購入した中の一つです。ジーン・セバーグ演じるパトリシア・フランキーニもその彼女の中の一人。パリの街で新聞を売る際の彼女の掛け声が耳に心地良く響きます。